現代社会は大きな変化に直面しています。


そんなとき、将来が不安になったり、
さまざまな悩みやストレスがいっぱいになるのは
自然なことです。

 

何から手をつけていいかわからなくなったり
これからの進路に悩むこともあるでしょう。

 

 

そんなとき、まずしなければならないことがあります。

そのために必要となるスキルを、
6週間にわたる6つのセッションで身につけていくのが、
このオンラインのコースです。

 

<人は不安になるとIQが下がる>

人が不安になったり恐怖に陥るとIQが下がってしまうのは
よく知られている事実です。


動物が敵に襲われたときに、
フリーズしてしまったり、混乱してしまい、
身動きが取れなくなってしまう状態に陥るのです。


そこで多くの人がしてしまう間違いは、
よく考えずに、あわてて目の前にある
問題を解決しようとすることです。

IQが下がり、感情が混乱しているときには、
何をしてもうまくいきません。

では、どうすれば良いのでしょう?


「人生で起こってくるあらゆる出来事は、
 自らの心が引き寄せたものです。


 それらはまるで映写機がスクリーンに映像を映し出
 すように、心が描いたものを忠実に再現しています。

 

 それは、この世を動かしている絶対法則であり、
 あらゆることに例外なく働く真理なのです。」

この言葉は、京セラの設立者であり、KDDIの設立者、
JALを再建したことでも有名な稲盛和夫氏の本
『心。人生を意のままにする力』に書かれる言葉です。

 

稲盛和夫氏の言葉によれば、


本来の自分自身を知り、
自分の心に目覚めることができれば、

自分が作り出している悩みのほとんどは解消し、
自分が心に描いた人生を生きていくことが
できることになるはずです。


ところが問題は、

私たちのほとんどが、自分の心に無意識で、

その自分の心に束縛されてどうすることもできず、

心の悩みから逃れられなくなっていることです。


「本来の自分に目覚める技術」(Skills for Life )は、
その自分の心に気づきをもたらし、
心の束縛から自由になり、
心のストレスや悩みから解放されるための技術です。



本来自分が持っている才能や可能性を
発揮することができるようになるためのスキルを提供します。

 

 

<あらゆる悩みを解消するたったひとつの方法>

Meditation is the only medicine.

英語のMeditation(瞑想)という言葉の語源はmedicineと同じく、
med- =to heal, cure(治療する)から来ています。


瞑想は、あらゆる悩みや問題に対する唯一の薬だ

というインドの賢者の言葉があります。

その人は、こういうふうにも語っています。

人生は問われるべき問題ではなく、
 生きられるべき神秘だ」と。

人生から問題や悩みを作り出すのではなく、
その与えられた奇跡、
その人生の神秘をトータルに生きなさい、と。

 

そのための方法のすべてが瞑想の技術の中にあります。

<人生の原理>

私たちは、人生とは外側の世界にあるものだと思っていて、
悩みがあると、外側にその解決策を求めます。

問題や悩みは外側の世界、他の人によって作り出されている
と思っているからです。

しかし、よく考えてみれば、
その悩みの根本原因は外側にはなく、
実は自分の内側にあるのです。


なぜなら、私たちは
自分の内側で問題や悩みを作り出して、
それを外側に投影しているからです。

それはちょうど映画の映写機と同じです。
私たちは自分の心の中にある問題や悩みを、
外側の人生というスクリーンに映し出して生きているのです。

 

それはちょうど映画の映写機と同じです。
自分の心の中にある問題や悩みが、
外側のスクリーン、世界に映し出されるのです。

 

 

それは、色眼鏡をかけて、

その色眼鏡に染まった世界を見ているようなものです。

恋しているときには世界がバラ色に見えて、
失恋した途端に同じ世界が灰色になるのはそのためです。

外側にだけ解決策を求めても、
そこに本当の解決策はありません。

なぜなら、そのほとんどの問題は
内面の心が投影されたものだからです。


したがって、

外側の問題を解決する前にするべきことは、

まず自分の色眼鏡を外すことです。

 

悩みとなる問題もその解決策も、
その根本原因は自分の内側の心にあるのですから。

本当の自分の心を知るためには
内側を見る必要があります

そのための技術が瞑想です。

 

<本当の自分を知るための6つの方法>

では、

本当の自分を知るにはどうすれば良いのでしょう?

それが今回ご紹介する、

「本来の自分に目覚める技術」です。

 

 

<和尚アートユニティ企画>

 

申し遅れました。

この度このオンラインスクールを提供しています、

和尚アートユニティの江谷信壽です。

 

和尚アートユニティでは、海外からの講師を招いたりしながら、

オーラソーマなどのカラーセラピーやヒーリンング、

ユニティインスティチュートでのサトルボディヒーリング や
ライフコンサルティング、カウンセリングや瞑想などのスクールを
25年以上にわたって提供してきています。

 

今回はその講師の一人マニーシャ ・ジェームズとの共同企画として、

Skills for Life「本来の自分に目覚める技術」を提供することになりました。

 

<この講座で得られること>

今回の
「本来の自分に目覚める技術」(Skills for Life)を学ぶことで
7つのメリットがあります

  1. 自分を知ることができる
  2. 悩みに捉われなくなる
  3. 人生をポジティブに生きられるようになる
  4. 今ここに生きることができる
  5. 怒りや感情に支配されなくなる
  6. ストレスがなくなる
  7. 自分にくつろげるようになる

このプログラムでは、3つのサービスを提供しています。

1)6週間の特別プログラム
2)無制限質疑応答
3)仲間とのつながりと実践の場


1)6週間の特別プログラム

 

いつでも、どこでもできます。

 

この「本来の自分に目覚める技術」Skills for Lifeは、
オンラインで行いますので

【時間】と【場所】を選びません。

 

あなたの学びたい時間に、
学びたい場所で受講可能です。

 

なぜならば、本来の自分に目覚める技術を学べば
時間と場所にとらわれずに瞑想することが可能になります。

 

パソコンでもスマートフォンでも受講可能ですし、
子育ての合間や、通勤中、仕事の間も実践することが可能です。

 

そして、
このプログラムではこんな事をお伝えしていきます。

 

1週目 自分自身の人生を生きるために

1日目のセクション1は「イントロダクトリー」です。

このプログラムの全体像をお伝えします。
瞑想のガイド役を務めるマニーシャ・ジェームス と、
ナンディータ(イギリス)、黒田コマラ(日本)との
対話によって進められていきます。

 

最初のイントロダクションでは、

このオンラインで学ぶことについての

全体像が明かされます。

 

私たちはさまざまな意味で変化の時代に生きています。

外側の世界では常に変化に満ちています。

 

そんな中で、

本当の自分自身の人生を生きるためには

どうすれば良いのでしょうか?

 

このセクション1では
そのために必要となる瞑想の意義について考えます。

瞑想を人生に取り入れることで、
本来の自分に目覚めることができます。

 

本来の自分に目覚めると
自分の可能性に目覚めることができるので、
自信を持って生きることができるようになります。

自分の軸が定まり、
自分自身の人生を生きるようになります。
そして人生が変わっていきます。

 

 

1週目の2日目は「自分の自然な状態を知る」です。

 

本来の自分に目覚めるために、瞑想は不可欠な技術です。

 

多くの人は、瞑想は特別な状態だと思っています。
しかし、それは瞑想についての最も大きな誤解の一つです。

このセクションの基本的なポイントは、
瞑想は自然な状態だということを知ることです。

 

瞑想が自然な状態だとしたら、
どうして瞑想法を学ばなければならないのでしょう?

瞑想と瞑想法との関係はどうなるのでしょう?

このことが理解できれば、
最終的には1日24時間、週7日いつでも
本当の自分でいることができるようになります。

 

そしてすべての瞑想法に共通した要素があります。

セクション2では、
その基本的な瞑想の要素を学び、
それをマスターするための技術を学びます。

 

これを知ると知らないとで、人生が180度違ってきます。
そのスキルを知ることで、

人生がもっと楽で、くつろいだものになります。

 

人生や瞑想が辛いものになっているのは、
この理解が欠けていることが大きな原因になっています。

 

2週間目は「瞑想の本質を理解する」です。

 

「マスターキー」と呼ばれるセッションです。
瞑想の本質的な鍵とは何かということを発見していきます。

 

人生をトータルに生きて、
人生のすべての側面に参加することができるようになる鍵です

 

トータル(全面的)に生きることは、
瞑想を日常生活で実践することによって得られます。

この瞑想をマスターすることで、
感情に巻き込まれない技術が手に入ります。

「マスターキー」では瞑想の本質を学びます。
その瞑想の本質を理解しないで瞑想をすると、
あとで苦労するとこになります。

 

スポーツの世界を考えてみるとよく分かるのですが、
最初に変な癖をつけてしまったら、競技のタイムは上がらず、
体を壊してしまう原因にもなります。
一度つけてしまった癖を矯正するのはとても苦労します。

 

瞑想を始めるには瞑想の本質を知り、
その基礎を学ぶことが不可欠です。
その基礎がすべての瞑想の「マスターキー」になるからです。

 

そして、瞑想は自分にあった瞑想を選ぶことが
とても大切です。

 

何かを学ぶには、
正しいやり方をマスターしている人から
トレーニングを受けるのが一番の近道です。

 

瞑想も例外ではありません。

今回のオンラインでこの瞑想をガイドするマニーシャは、
瞑想技法500種類以上を集め、研究してきています。

 

「本来の自分に目覚める技術」(Skills for Life)は、
これまでの彼女の瞑想体験をもとに、
初心者が瞑想を深めていくためのガイダンスから、
すでにこれまで瞑想を経験してきている人にとっても、
さらにその瞑想を深めていくための技法を紹介しています。

 

それは単に瞑想技法の紹介にとどまらず、
人生の生き方のガイダンスにもなっています。

 

3週間目は「本来の自分に目覚める」です。

 

このセッションで学ぶ技術は、
「レットゴーの4つのステップ」

 

セクション2で学んだ瞑想の要素と
セクション3で学んだ瞑想の要素に加えて、

さらにセクション4では、3つ目の瞑想の要素を加えます。

 

それは本来の自分に目覚めるためのステップです。

生まれることもなく、死ぬこともない、
本来の自分に目覚めた状態がそこにあります。

 

 

4週目は「マインドを超える」です。

 

毎日瞑想することで瞑想の恩恵が得られます。

 

瞑想はさまざまなレベルで私たちに良い影響をもたらすことが、

さまざまな大学での研究や脳科学でも明らかになりつつあります。

 

その中で以下のような効果が報告されています。

 

(1)肉体的との愛に満ちた繊細なつながり
(2)老化のプロセスをゆっくりにする
(3)不安やストレスを減少させる
(4)免疫機能を増進させる
(5)自分自身への愛をもたらす
(6)他の人たちへの愛や慈愛をもたらす
(7)感謝やあらゆる命あるものへの尊敬
(8)明晰性、中心に定まる感覚 
(9)自分が誰であるかを思い出すこと

 

などなど、これ以外にもさまざまな影響と効果があります。

 

瞑想を実践する中で、

私たちは人生に全面的に関わりながら、
さらにもっとそれ以上のものがあるということを
知るに至ります。

 

瞑想は無心(ノーマインド)の状態ですが、
マインドに反対するのではありません。

むしろマインドを正しく使うことができるようになります。

マインドは素晴らしいメカニズムがあります。
問題は、そのマインドに束縛されていることです。

 

思い出したくもない考えや思考に苦しめられ、悩み、混乱し、
考えるべきことを明晰に考えられなくなってしまいます。

思考に使われて、思考に束縛されるのではなく、
瞑想をすることで、
思考の主人となり、それらを効果的に使うことが
できるようになります。

 

そのためには、マインドの必要がないときには、
マインドがない状態でいること(無心)も必要です。

 

とりわけ情報過多となっている現代社会において、

無心になるための時間を作ること、

無心になるためのスキルをマスターすることは

必要不可欠です。

 

そうすることで、思考が本来あるべき場所に戻り、
バランスが取れた生き方ができるようになります。

 

そのためにとても有効なのがハート瞑想です。

 

 

ハート瞑想は、マインドから離れるための最も簡単なスキルでもあります。


ハート瞑想は、マインド(頭・思考)から離れる経験です。
ハート瞑想にはさまざまなメソッドがありますが、

このセクションでは、「平安でハートを満たしていく」
というハート瞑想のメソッドを使っていきます。

 

5週目は「中心に定まる」です。

 

「センタリング」(中心に定まる)というのは存在(ビーイング)
に定まるということです。

 

頭(マインド)は物事を知ったり、考えることのセンターです。
ハートは感じることのセンターであり、愛のセンターです。


おへそは日本ではハラないし丹田と呼ばれていますが、
存在(ビーイング)のセンターです。

 

頭からハラ、「ビーイング(存在)」へと
直接ジャンプするのは難しいです。
それをやっているのは座禅です。

 

ハラと深くつながることで、
私たちはある種の根付いた感覚、
私たちの「存在」(ビーイング)と
深くつながることになります。

 

禅はハラとつながる効果的な方法ですが、
このセクションでは、もっと楽で、簡単な
効果的なスキルを
実践していきます。

 

6週目は、毎日のマインドフルネスです。

 

マインドフルネスはグーグルなどのIT企業や、
ハーバード大学のビジネススクールやスタンフォード大学などでも
そのプログラムが取り入れられてきています。

 

それはマインドフルネスや瞑想がストレスからの解放や
心の平安を
もたらすためのスキルとして有効であり、

能力開発やクリエイティビティにとっても影響を及ぼすことが

脳科学的にも証明されるようになってきたからです。


基本はいわゆる原始仏教で教えているマインドフルネス、
チット・ナット・ハンなどが提唱しているものとメソッドは
それほど変わりませんが、宗教色をなくし、脳科学などの
科学的な見地を入れて教えているものです。

 

Skills for Lifeのプログラムの最後のセクションでは、
日常生活にどのようにこれらのマインドフルネス(瞑想)を
とりいれるのか、そのための、さまざまな実践的な技術を紹介します。

 

マインドフルネスないし瞑想の効果は、
自分にあった瞑想を毎日定期的に実践することによって得られます。

 

そこでこの「毎日のマインドフルネス」では、
日常生活に直接応用できる、
シンプルで簡単な瞑想法について紹介しています

 

私たちのほとんどは時間がありません。
ですから、瞑想を直接私たちにの活動の一部に
できるようにする必要があります。

 

瞑想が自分の一部になり 日常生活の中で
瞑想から行動できるようになると
瞑想のテクニックは必要なくなります。

 

あなたは自然な状態となり、
存在とひとつになり、
あなたの存在が瞑想そのものになるからです。

 

しかし、いきなりはそうはいきません、
そこで、ここでで紹介するメソッドは、
自分の日々の行動に気づきをもたらすための
スキルです。

そういう意味で、
「Skills for Life」(人生のためのスキル)
というタイトルがついています。

 

これらのすべてのメソッドは人生にとって
とても価値のあるスキルです。

 

それを定期的に練習していくことで
内側を思い出す助けになり、
リラックスし
その今の瞬間にいることができるようになり
愛に溢れて 中心に定まり、
バランスを回復し、
内側の世界を外側にもたらし、

調和して、バランスをとって生きることが
出来るようになります。

 

ひとことで言えば、
本来の自分に目覚め、
人生を変容することができるようになる技術です。

その鍵は あなたの手の中にあります。

 

<マニーシャ ・ジェームズ>

 

このSkills for Life のガイド役を勤めているのは、
マニーシャ ・ジェームズです。

 

マニーシャは、助産師と精神科の看護師のバックグラウンドを持ち、

心理療法士、瞑想のファシリテーターでもあり、

インドの神秘家Oshoの最も早くからの弟子でもあり、

晩年の15年の間、彼のもとで過ごしました。

 

Oshoによって彼の本の編集長に任命され、

70年代半ばより彼の瞑想技法を試す「実験台」でもありました。

 

そのときの経験から、Oshoの紹介している瞑想技法500種類以上を集め、

40年以上にわたり研究してきています。

 

「本来の自分に目覚める技術」(Skills for Life)は、

これまでの彼女の瞑想体験とOshoのガイダンスをもとに、

初心者が瞑想を深めていくためのガイダンスから、

すでにこれまで瞑想を経験してきている人にとっても、

さらにその瞑想を深めていくための技法を紹介しています。

 

それは単に瞑想技法の紹介にとどまらず、

人生の生き方のガイダンスにもなっています。

 

 

2)無制限の質疑応答とメールサポート

瞑想に関することであれば、期間内に無制限であなたの質問に答えます。

これは、
「瞑想の広場」(掲示板形式)というオープンな場で行いますので
自分が質問しなくても、他の方々の質疑応答も見ることができるので
とても参考になります。

 

本当に、何度でもきいていただいて構いません。
わからないところを、すぐに聞けるのが、今回の特典でもあります。

そして、レッスンを理解しやすくするための
メールによるサポートがあります。

 

3)仲間とのつながりと瞑想を実践する場

瞑想は毎日続けることがとても大切です。
しかし、一人で続けることが難しかったりもします。

一緒に瞑想を実践していく仲間ができるだけはなく、
一緒に人生を向上させていくことができる場でもあります。

瞑想は基本的にはひとりで行うものですが、


このように、一緒に実践していく場があることで、
励みとなり、習慣化することが容易になります。

それが今回みんなで一緒にやることの価値です。

メンバーだけのFacebookグループなどでの交流も行っていきます。

 

よくある質問

 

Q. どのような形で参加、受講するのですか?
地方に住んでいるので東京などにはいけないのですが・・・

 

A. 今回のサービスは「どこでも」「いつでも」受講したり、相談できるように
あなたのインターネット環境があれば、パソコンやスマートフォンで受講できます。
時間と場所を問わず、あなたのライフスタイルに合わせて受講が可能です。

 

Q. 本当に何度でも質問をしても良いのでしょうか?

 

A. もちろんです。このサービスに入っている限り何度でも質問に答えます。
お返事は少し時間がかかりますが何度でもどうぞ!

 

Q. 今は会社員なのですが、こんな私が学んでも役に立つでしょうか?

 

A. もちろんです! 会社での仕事のストレスや人間関係のストレスに対しても、瞑想はとても有効なスキルです。ここで教える技術は一生使えるスキルですので、会社員の人に取っても必須のスキルになっていくでしょう。アメリカでもグーグルなどのIT企業やハーバードビジネススクールなどでも研修として取り入れるようになっています。

 

Q. 活用できるかどうか不安なのですが?

 

A. 動画のレッスンは、短時間で見て実践することが可能です。
そして何度でも見たりできるのでご安心ください。

オンラインレッスンは、6週間過ぎても何度も復習できるようにしています。
また、あなたの成果が出るまでレッスン動画を提供しますので、ご安心ください。

 

Q. パソコンがないのですが受講できますか?

 

A. パソコンでなくてもiPhoneやアンドロイドなどのスマートフォンがあれば受講可能です。ただし、動画などが見れない端末では受講ができません。

 

Q. 本当に成果が出ますか?

 

A. YESでもあり、NOでもあります。このスキルを実践することで成果は出ます。

これに申し込むだけでは成果は出ませんが、日常生活で実践することによって成果がでるでしょう。

 

Q. とにかく結果がほしいです、受講してもいいですか?

 

A. 申し訳ございません。結果だけを求めてこの技術を学ぼうとする方は、ご遠慮願います。瞑想は本来結果やゴールを求めてするものではありません。未来の結果ではなく「今ここ」にいることができるようになるスキルです。

でも結果は自然についてきます。より、今ここにいることができれば、もっと今を楽しむことができるようになり、悩みやストレスが少なくなります。すると、それらの悩みに浪費されていたエネルギーをポジティブな形で有効に使えるようになります。そうすると、自然にあなたが求めている結果も得やすくなるでしょう。

 

Q. 分割払いは可能ですか?

 

A. カード払い(PayPal)で分割払いも可能です。銀行振込やカードでの支払いも可能です。お問い合わせください。(info@artunity.com)

 

Q. 直接会って瞑想を指導してもらうことはできますか?

 

A. 今回のサービスには含まれていませんが、このサービスを申し込むことによって、直接瞑想の指導を受けることもできます。

 

Q. 6 週間しか動画は見れないですか? またフェイスブックグループも6 週間だけですか?

 

A. プログラムが終わった6週間後も、継続して何度でもみることができます。

とは言っても、期限がないとみなさん見ないようになってしまうものなので、期限は作りたいと思います。1年もあれば十分ですね!

 

気になる費用は

2500年前の仏陀の時代から、瞑想は世俗を離れて
実践するものだという伝統がありました。

 

そして瞑想は悟りを得るための修行でもありました。
悟りは仏陀のような特別な人間だけ到達することのできる、
人間の意識の究極の開花だと考えられていました。

 

瞑想は世俗を超えるためのものと考えられ、
世俗的な価値では計り知れないものでした。

 

そういう意味では、瞑想の価値は
お金には換算できないものです。

 

 

2500年後の現代では、瞑想は別の意味を持っています。

 

第一に、瞑想を実践するには世俗を離れるのではなく、
俗世間の中で実践する必要があります。

 

現代はあまりにも忙しく、瞑想だけに時間を過ごす時間を
取れる人が少ないからです。

 

そして瞑想は、世俗を離れるためではなく、
世俗を生きるための技術として現代生活で有効なものと
認識されるようになりました。

 

脳波の測定機器が発達し、脳科学の発達により、瞑想が脳や身体に
及ぼす影響が測定できるようになったからです。

 

現代社会は仕事や人間関係で生じるストレスが大きな問題となっています。

 

そして人工知能が発達し、AIではなし得ない人間の能力開発、
直感やクリエイティビティが今まで以上に必要とされ、
瞑想がそのために有効であることもわかってきています。

 

アップルの創業者のスティーブ・ジョブズや
日本の松下幸之助、稲盛和夫をはじめとする世界のトップの経営者は
瞑想を実践し、禅の師をメンターとしていましたし、

 

グーグルやハーバードビジネススクールをはじめとする、
世界のトップ企業や大学も、今では瞑想やマインドフルネスを
研修としても取り入れるようになっています。

 

これは、
この瞑想やマインドフルネスの力が、
より良き人生に不可欠の要素だということが
認識されるようになったからです。

 

瞑想で学ぶことのエッセンスは、
ストレスマネジメントや
人生の質の向上や能力の向上、
勉強でも、仕事でも、人間関係でも、趣味でも、
あらゆることに使えます。

 

それだけではなく、瞑想には、
そのような実用的な世界を超えた、
目に見えない価値が手に入ります。

 

これからはますます瞑想の効用が認識させるように
なっていくでしょう。

 

瞑想の技術に値段をつけるというのは難しいことです。

 

瞑想は、
そのことに価値を見いだすことができるかどうかによって、
評価は180度異なります。

 

価値を見出せる人にとっては、
はかりしれないほどの、貴重な価値あるものです。
しかし、その価値がわからない人にとっては
意味なものにしか思えないでしょう。

 

例えば、
瞑想は東洋では尊重されてきましたが、
マインド(思考)を重視する西洋では、
無心(ノーマインド)は価値のないものでした。
それどころか、恐怖さえ覚えるものでした。

 

しかし、その西洋においてさえ、
瞑想(マインドフルネス)は
その価値を認められつつあります。

 

この「本来の自分に目覚める技術」(Skills for Life)は、
瞑想に価値を見いだすことができる人に手にして欲しいと思います。

 

このマニーシャ のプログラムほど、
瞑想についてシンプルな形で、わかりやすく、
瞑想のエッセンスを捉えて解説し、実践法を示したものは
他には知りません。

 

マニーシャ がこれまで研究してきている500種類にも及ぶ、
あらゆる瞑想のエッセンスがこれらのレッスンに含まれていると
言っても過言ではないでしょう。

 

すでに長年瞑想をされてきている人にとっても、
これらのことをもっと早く知っていれば、何年もの遠回りを
しなくても済んだのに、と思われる人も多いことでしょう。

 

しかもそれらの瞑想法は、
人生を生きる技術とも密接につながっています。

 

そんな技術を学んでみたいと思われる人にのみ、
手にして欲しいプログラムです。

 


さて、その価格ですが、

 

今回はオンラインの提供ですし、6週間のコースなので
19,800円(税込)としました。

 

これは、自分自身に目覚め、進化向上することにコミットする
ための価格だと考えていただければ幸いです。

 

あなたは瞑想にどれだけコミットするのでしょうか?

 

とはいえ、今回初めてオンラインとしてこのようなプログラムを
提供しますので、実際に始めてみないとわからないことが色々あります。

 

そこで、今回いち早く興味を持っていただき、8月30日(金)までに申し込んで
いただいた方には、感謝の気持ちとして、3つの特典を設けました。

 

『特典1』として
8月16日までにお申し込みいただいた方には、9,800円という先行特別価格を設けました。

 

『特典2』として、
このプログラムのサポートとして、
瞑想のための音楽をプレゼントさせていただきます(ダウンロード)。

 

『特典3』として、
瞑想を正しく実践するための「瞑想の手引き」(PDF)を差し上げます。

 

ということで、興味のある方は、ぜひこの機会にごご参加ください。


このプログラムでもお会いすることを楽しみにしています。

 

和尚アートユニティ
えたに のぶとし

 

お申し込み

当社規約は、必ず詳細までご確認いただいた上でお申し込みください。

本サービスにお申し込みいただいた場合は、規約に完全に同意いただいたこととさせていただきますので、ご確認をお願いいたします。

オンラインスクール 受講規約

 

「本来の自分に目覚める技術」(Skills for Life) の講座を受講される受講生は必ず以下の内容をご一読いただき、それぞれの事項をご理解いただいたうえで受講のお申し込み下さい。

オンラインスクール利用にあたっては、以下の事項にご了解いただいているものといたします。

第1条 受講申込
本受講規約を同意のうえ受講申し込みを行った後、受講料等の入金が確認された時点で、申し込み完了と致します。
但し、過去に本受講規約に違反したことがある場合は申し込みを承諾しないことがあります。

第2条 受講料金支払いについて
受講料金の支払い方法は、PayPalとさせて頂きます。
(銀行振込、クレジットカード支払いご希望の方は、お名前とメールアドレスを添えて、info@artunity.comまでご連絡ください)
お支払完了後、受講が可能になります。(銀行振込、クレジットカード支払いご希望の場合は、手続き完了に時間をいただくことがあります)
初めてオンラインスクールを受講するときには、ログインIDとパスワードが発行されます。

第3条 ダウンロードデータについて
レッスンごとに資料をダウンロードすることができます。
なお、ダウンロードデータのないレッスンもあることを予めご了承ください。
データは二次加工、複製、配布を認めません。

第4条 登録内容変更について
氏名、メールアドレスなど登録内容に変更があった場合、速やかにお申し出下さい。

第5条 ご解約について
入金確認後は受講ご契約成立とみなし、いかなる理由があっても途中でのご解約はいたしかねます。
但し、以下のような行為があった場合は解約できるものとし、一切の返金は行いません。
① オンラインスクールにおいて、受講生に表示又は提供する一切の情報・教材・テスト・サービス内容等を転売、譲渡等した、またはしようとした場合
② 他の受講生や講師等に対しての迷惑行為、運営妨害行為、公序良俗に著しく反する行為を行った場合

第6条 ユーザ ID・パスワード
1)受講契約が成立後に、オンラインスクールの受講アドレスを発行致します。
受講生はオンラインスクールの利用にあたり発行された受講アドレスの使用ならびに管理について責任を持ち、いかなる第三者にも貸与及び譲渡はできません。
また、いかなる理由であれ、これらが第三者に使用されたことにより 当該受講生に生じた損害については、当校は一切責任を負いません。
2)受講者は、ログイン情報を忘れた場合や盗用された場合は、速やかに当校にお申し出下さい。

第7条 個人情報の取扱いについて
本契約に際し当校が収集した個人情報に関しては、今後講座に関する資料の送付やお知らせ、及びご案内のみに使用し、承諾なしに第三者への提供は行いません。

第8条 知的財産権について
オンラインスクールにおいて、受講生に表示又は提供する一切の情報・教材・テスト・サービス内容等については、すべて著作権法上の保護対象となって いるため、受講生は事前に当校の書面による許諾なく、非商業的かつ個人的な目的以外で複製、出版、翻訳、譲渡、貸与等を行うことはできません。

第9条 サービスの中断について
システムの保守メンテナンス又は障害・作動不良等が発生した場合等やむを得ない場合は、オンラインスクールのサービスの提供を中断することがあります。なお、中断する場合はあらかじめその旨を受講生に通知します。
但し、緊急かつやむをえない場合はこの限りではありません。

第10条 サービス提供の中止
当校は、受講生がオンラインスクールを利用するにあたり、以下の各号の内容に該当する場合は、当該受講生への事前通知なくして、オンラインスクールのサービスを中止することがあります。
① 第6条第1項及び第8条に該当することが判明した場合
② オンラインスクールを通じて表示または提供される情報を改ざんする行為
③ その他、法令あるいは公序良俗に違反し、当校又は他の利用者、第三者に不利益を与える、もしくはそのおそれのある行為

第11条 損害賠償
受講生は、オンラインスクールの利用により、もしくは、本受講規約上の義務を履行しないことにより、当校又は他の受講生を含む第三者に対して損害を与えた場合、自己の責任と費用をもって一切の損害を賠償するものとします。

第12条 免責事項
次の各号に定める事由によって受講生に生じた損害については責任を負いません。
① 受講生の都合により、オンラインスクールに参加しない場合
② オンラインスクールが管理できない事由により、予定していたレッスンが遅延又は中止した場合
③ インターネット環境、サーバーシステムなど当校が管理しないシステムの障害や切断を理由として、予定していたレッスンが再生されない場合もしくは画質や音声の質が低下した場合
④ 天災地変、戦争、暴動、ストライキ、クーデター、内戦、その他当オンラインスクールの管理できない事由により、日程、その他のサービス内容が変更された場合

第13条 推奨動作環境
オンラインスクール受講にあたっての端末の推奨動作環境は以下の通りです。
ウェブ・ブラウザで Youtube、Vimeo動画が再生可能なパソコン。またはスマートフォン。

付則:当社は、受講生の承諾を得ることなく、本利用規約の内容を変更することができます。
但し、変更後の利用規約については、オンラインスクール上にて受講生に通知致します。

 

 

 

特定商取引法に基づく表示

特定商取引法に基づく表示

 

事業者名

株式会社和尚アートユニティ

 

所在地

248-0014

神奈川県鎌倉市由比ヶ浜3-3-21

 

電話番号

0467-23-5683

 

公開メールアドレス

info@artunity.com

 

運営統括責任者名

江谷信壽

 

販売価格

当サイトでの表示価格による

 

支払時期

お申込み確定時にお支払いとなります。

 

支払方法

PayPal 

(銀行振込、クレジットカード支払いご希望の方は、お名前とメールアドレスを添えて、info@artunity.comまでご連絡ください)

 

受講開始時期

当社がお客様によるお申込みとお支払の完了を確認した時点から受講できます。

 

申込の撤回または契約解除に関する事項

商品の性質上、申込後の撤回や契約の解除には応じておりません。

 

必要なシステム環境
[推奨環境(共通)]

 

プラグイン:Adobe Flash Player 10.0.22以降

ブラウザ:最新版の各種ブラウザ

回線速度:500 Kbps以上のブロードバンド環境

 

[PC]

 

OS:Windows 2000以降(最新のアップデートを適用済み)

CPU:500 MHz以上

メモリ:128 MB以上

ビデオカード:64 MB以上

サウンドカード:16ビット以上

 

[Mac]

 

OS:Mac OS X 10.3以降(最新のアップデートを適用済み)

CPU:Intel Core Duo 1.83 GHz以上

メモリ:128 MB以上

ビデオカード:64 MB以上

サウンドカード:16ビット以上

 

[モバイル端末]

 

Android 4.0以降

iOS 5.0以降

 

販売数量の制限、販売条件等

講座によっては、受講できる期間や数量に限定のあるものがございます。