コースについて

自分の望む、幸せな人生を手に入れたい人へ

 

たった4ヶ月で

新しい自分へと生まれ変わる方法

 

これからお話しするのは、

 

あなたの人生を変えてしまう、

魔法の地図のお話です。

 

自分を変えたいと思いながら変われない。

自分の 好きなことをして生きていきたいけど

どうしていいかわからない

自分の才能がわからない

人生が生きづらい

自分のことが好きになれない

自分の可能性がわからない

人生の意味がわからない

 

 

このような問題を抱えている人には

共通した問題があります。

 

  • それは自分のことがわからない、
  • 自分が人生のどこにいるのか、その現在地がわからず、
  • どの方向に向かっていけばいいかがわからない、

    ということです。

 

 

もしあなたが、

 

自分のことが客観的にわからなければ、
何ができるかがわかりません。
 
自分の現在地がわからなければ、
何をしていいかがわかりません。
 
自分が向かう方向がわからなければ、
目的地にはたどり着けません。

 

 

多くの人が陥るのは、

自分自身のことも、

自分の現在地もわからないにままに、

 
さまざまな情報に振り回されて、
どこにもたどり着けず、
 
どうしていいかわからなくなってしまっていることです。

 

 

その結果、
 

  • 生きる意味や気力をなくしてしまったり
  • うつになったり
  • 何をしていけばいいのかが分からなくなっていたり

     
    あるいは

 

  • 周りの意見のままに、
  • 親からの期待のままに、
  • 世間からどう見られるかだけで

生きていたりします。

それだと、

 

他人の人生を生きているのと同じです。

 

 

自分の人生を生きるにはどうすればいいのか?
 
人生は一度しかありません。
人は、一人ひとりユニークです。
 
生まれたからには、その人にしかできないことがあります。
 
そんな本当の自分を生きたいと思いませんか?

 

 本当の自分が誰か、
ということがわかるようになれば、

自分が何をしたいかがわかり、
どのように生きれば良いかがわかるようになります。

 

問題は、
 
自分が誰かということを知るための
地図がないことです。

 

私たちがこの世界で、
どこかに行こうとするときには必ず地図があります。

 

地図があるからこそ、
 
自分の現在地がわかり、
目的地がわかり、
どの方向に行けば良いかがわかります。

 

 

しかし精神的な世界を旅するのに、
 
自分がどこにいて、
自分が誰なのかということを
客観的に知ることのできる地図がありませんでした。

 

自分の性格を診断したり、
IQを測ったり、
EQを測ったり、
才能を調べたり、

というテストはありますが、

 

  • 自分の無意識の状態や、
  • トラウマがどのように形成されたのか、
  • 自分のマインドセット、信念や感情、
  • 性格がどのように形成されてきたのか、
     
    そういうことを自分で理解するための地図がありませんでした。
     

 

私たちの現実は私たちの意識が創っている

 

私たちがどのような人生を生きているかは、
私たちの意識のあり方が決めています。

私たちが今生きている現実は私たちの意識の産物なのです。

 

 
私たちの人生は映画の物語りと同じです。
 
それはちょうど映写機によって映画がスクリーンに映し出されるように、
私たちが持っている意識(フィルム)が、
私たちの人生のスクリーンに映し出されていくのです。

 

 

ですから、
 
私たちが望む人生を生きていくためには、
どのような意識(人生の設計図)を持っているのかを知ることが大切です。
 
そして自分が生きたい人生を明確に意識する必要があります。
 

ところが、
 
私たちは自分がどのような意識(フィルム)を持って、
この人生を生きているかということさえほとんどの場合、

無自覚です。
 
フロイトとユング以来、
私たちの意識の90%は無意識でできていて、
意識的な部分は氷山の一角でしかない

ということがわかってきています。
 
その結果、

 

私たちの人生は、

夢遊病者のように、
無意識に操られて生きてしまっています。

 

 
無意識に操られて生きている人生。
 
それが多くの人の人生だいうことが
証明されるようになったのです。
 
 
人は環境によって作られるのか?
 
私たちの人生は

 

私たちの意識が
映写機のように現実の人生に映し出されている、

 
という考え方に対して、
 
私たちの意識は、
カメラのように、
周囲の環境を映し出すものだ

 

という考え方もあります。
 
つまり、

私たちの意識は映写機で映し出すフィルムではなくて、

 
カメラのように、周りの環境が映し出されているにすぎない、
という考え方があります。

 

 

この考え方によると、

  
私たちの意識は環境の産物であって、
私たちの人生も周りの環境によって作られることになります。
  
環境を変えれば人生が変わる、という考え方です。

 

その考えも一面の真実を表しています。
 
その考えによると、

 
私たちは環境の産物で、
私たちの人生は周りの環境によって作られ、
人生はすべて運命で決められていることになります。

 
 
私たちの意志は弱く、
意識も確立していない段階では、
私たちの意識の99%が環境の産物だといえます。
 
そうすると自分の意識の持ち方によって
人生を形成することができる可能性は
限りなく小さいものになってしまいます。
 
その場合は、
朱に交われば赤くなるということわざの通り、
自分の意識を確立するよりも、
 
環境をコントロールすることによって
人生をコントロールする方がいい、
ということになります。
 

 
自分の人生を創造する生き方
 
しかし、本当に成功している人は、
人生を創造することができるほどに、
自分の意識を確立した人です。
 
自分の意識を確立した人だけが、

環境をもコントロールすることのできる力を得て、
自分の思い通りの人生を歩むことができるのです。
 

 
また、本当に成功している人は、
自分が本当に好きなことや得意なことを仕事にしたり、
趣味にしながら生きている人です。
 
そういう人は自分自身を知っている人、
自分が誰かをわかっている人です。
 
たとえ環境をコントロールして外目には成功を勝ち得たとしても、
それがその人の本当に望むことでなかった場合には、
返って不幸になってしまうことが多くあります。
 
たとえ外側の欲望を満たしたとしても、
それが自分の本当の望みでなければ、
内なる満足や幸福は得られないからです。
 
そういう意味でも、
 
まずは自分の意識を確立し、
自分が誰かを見出し、
自分の現在地を知ることが、

本当に望む人生、
幸せな人生を生きるためには欠かせないことです。
 
したがって、
あなたが本当に望む幸せな人生を生きるためには、
あなたがどのような意識を持っているかを知る必要があります。
 
なぜなら、あなたの意識の持ち方によって
あなたの人生が創られていくからです。

 

 
人生のブループリント(設計図)を知るために

 

人は意識の中にブループリント(人生の青写真)を秘めていて、
その意識の中のブループリントが、
人生の中に映し出されていくのです。
 
では、そのような意識の設計図を知り、
手に入れるためにはどのようにすれば良いのでしょうか?
 
それが、今回提供するオンラインプログラムです。

本当の自分が誰かを知り、
自分が本当に望む人生を知って、
自分自身の人生を歩むためのプログラムです。
 
今回、その自分自身を知り、
自分の人生を歩むための魔法の地図についての
教えを授けてくれるのはラハシャ・フリッチョフ博士です。

 

その魔法の地図は「意識の地図」と呼ばれています。

 

 

意識の地図の誕生

 

この意識の地図は、
ラハシャ博士の自らの医師としての経験と
彼自身の精神的探求から生まれました。

 

ラハシャ博士は、
 
人はなぜ病気になるのか、
病気にならないためにはどうすれば良いかを求めて、
 
東洋医学や西洋のさまざまな精神療法やセラピーなどを研究し、
30年以上にわたる彼自身の精神的な探求から、

 
病気やヒーリングには、
人間の意識が大きく関与していることを発見しました。

 

それだけではなく、
 
その後、ラハシャ博士は自らの医学的知識と体験、
精神療法などの長年の実践と研究を経て、
自らの精神的探求の中で、
人生の師となる神秘家に出会います。
 
その教えを実践する中で、
1999年には悟りの体験を経て、
ブッダ(覚者)の意識や心理学についても
理解する機会を得ました。
 
それらのラハシャ博士自らの体験と研究を体系化したのが
この「意識の地図」です。

 

 

意識の地図とは?

 

これまでの心理学や人間理解は断片的で一面的なものがほとんどです。
 
それらは思考や感情や行動についての人間心理で、
マインドを超えた意識の在り方には無知でした。
 
人間の意識の全てを理解し、
かつそれを実践で解決するだけのレベルにまで
落とし込んだものがありませんでした。

 

心理学でも行動心理学など、
人間を動物的な刺激と反応のレベルで
理解しようとしているものや、
 
人間の感情や思考の表層意識の心理学、
フロイトやユングなどの潜在意識を理解しようとする心理学もありますが、
それらの意識を超えた、仏陀の心理学にまでは及びませんでした。
 

人間はその全部の可能性を持っているものです。
 
マズローは人間の基本的な欲求レベルについて、
生理的欲求、安全欲求、社会的欲求、承認欲求、
自己実現の欲求の5つに分類しました。

 

そして晩年になって、これらの5段階の欲求レベルの上に、
さらにもう一つの「自己超越」というレベルがあると発表しました。
 
しかしマズローの人間理解にも限界がありました。
 
それは心理学の限界とも言えるものですが、
マインドの範囲内での理解に制限されているからです。
 
行動心理学、感情や思考についての心理学、
無意識についての心理や脳科学的な研究は、
すべて、いわゆる人間のマインドの理解に関するものです。
 
禅ではそれらのマインドを超えた、
ノーマインド(無心)の境地を重視しました。
 
人間の意識の探求にはそれらの「自己超越」を超えたレベル、
ノーマインドの境地を含んだ、
全体の「意識」を理解する必要があります。
 
その全体の「意識」には7つのレベルがあるとされています。
 
私たちが通常「意識」と言っているものの下に、
無意識、集合的無意識、宇宙的無意識があり、
 
「通常の意識」の上に、
超意識、集合的超意識、宇宙的超意識がある、
とされています。

 

「意識の地図」は、
その人間の意識と潜在意識、
そして超意識を含む、
人間の意識の全体像と構造を明らかにしたものです。

 

人間の意識の全体像を理解することによってのみ、
本当に人間を理解することができるようになります。

 

そして本当の問題の解決のためには、

 
断片的な人間理解に基づいた心理学によるのではなく、
全体的な人間理解に基づいた「意識の地図」が必要になります。

 

 

意識の地図の学び方

 

この「意識の地図」についての学びでは、
マインドフルネスと瞑想のテクニックを含みます。

 

なぜなら、人間の意識は広大で、
マインドや心理、無意識のみならず、
それらを超えた意識が含まれるからです。

 

その人のマインド(感情や思考や信念など)のあり方が
人生を作っています。

そのマインドは、マインドの中にいたのでは見ることができません。

それらのマインドの意識を超えた意識を探求することができるのは
瞑想によってです。

 

瞑想は仏陀の心理学を探求し、経験するためには不可欠の技法です。

 

瞑想の意識を得ることによって、
 
環境を映し出すカメラ的な意識だけではなく、
 
意識を通して人生を作っていくという
映写機的な意識を確立していくことが可能になります。
 

なぜなら、
瞑想はそれらの全てに気づきをもたらすことを
可能にするからです。
 
「気づく」ことによって、
変容が可能になっていきます。
 
無意識にあるものは、変えることができません。
 
素粒子物理学では、「観察効果」ということが発見されました。

 
「観る」ことが物事が変わることがわかったのです。

つまり、気づきを増すことによって
「観る」ことが可能になり、

観ることで人生をも変容することが可能になる、
ということを示唆しています。
 
 
この「意識の地図」の教えはオンライン講座によって提供されます。
 

ラハシャ博士のオンライン講座の企画について
 
申し遅れました、
この度、このラハシャ博士のオンライン講座を企画しました、
和尚アートユニティ代表の江谷です。
 
ラハシャ博士との出会いは遡ること25年になります。
 
私がカウンセリングの技術について海外で学んでいるときに、
彼がその講師陣の一人として「投影」についてのワークを担当していました。
 
その彼のワークを受けたことで、私の世界の見方が180度変わりました。
 
自分の意識の色眼鏡で世界を見ていることが自覚された瞬間でした。
 
そしてまた、
人生も自分の意識の在り方によって創られていることも理解しました。

 

そしてその後、イギリスのカラーセラピー、オーラソーマを日本に初めて紹介し、
世界で一番の業績を上げることもできました。
  
ラハシャと再会したのは、
オーラソーマのティーチャーであったヌラを日本に招待したときでした。
 
ヌラの伴侶として日本に来日し、

ヌラのオーラソーマのコースに寄り添っていたのです。

 
ラハシャがカウンセリングを教えていることを知っていた私は、

日本で彼のコースを教えてもらうことを依頼したのでした。
 
その彼の提供する「ハートからのカウンセリング」のコースが

オーラソーマアカデミー会長のマイク・ブース氏の目にとまり、

オーラソーマのレベル4のトレーニングに採用されました。
 
以来、20年に渡り「ハートからのカウンセリング」のコースを提供し、

延べ1,000人以上の人たちが受講してきています。

 

この「意識の地図」は「ハートからのカウンセリング」のコースの中でも

クライアントの意識を診断するためのツールとしても使われていましたが、

そのことにフォーカスして深く学ぶ機会がありませんでした。
 
しかし、私はこれまで心理学を学び、

仏陀やキリストをはじめとする古今東西の覚者の教えや

スピリチュアルの領域の学びを深める中で、

 

このラハシャ博士の「意識の地図」ほどシンプルに、

明確に人間の意識の全体図を表したものがないので、

この「意識の地図」についての特別講座を

ラハシャ博士に依頼してできたのが、このオンラインコース です。

 

 

ラハシャ博士は日本では

「ハートからのカウンセリング」以外にも、

「レインボーコンシャスネス」「存在からの直観カウセリング」などを

教えてくれていますが、

 

世界でも活躍するティーチャーであり、

ドイツや北欧ではカウンセラーの専門家を養成するトレーニングを教え、

アジア各地でも7つの意識の在り方について教える

スピリチュアルマスターとして有名です。

 

本も数冊出版され、数千人の講演を行い、

クライアントや受講者には、医師や看護婦、カウンセラーなどに限らず、

会社経営者、マネージャー、高等裁判所判事など多岐にわたっています。

 

 

意識の地図で得られること

 

意識の地図は、

 
本当の自分が誰かを知り、
自分が本当に望む人生を知って、
自分自身の人生を歩むための地図です。

 

本当の成功者とは、

 
本当の自分を知り、
人生を創造することができるほどに、
自分の意識を確立した人です。

 

自分の意識の設計図を知り、
本当の自分を生きている人です。

 

意識の地図を知った人にとっては

人生は映画の物語りを作るのと同じです。
 
意識の地図を知ることによって、
自分の生きたい人生を紡いでいくことができるようになります。

 

この「意識の地図」を学ぶことで、

 

自分の感情や思考、信念がどのように形成されたかを

認識することができるようになります。

 

過去に受けた精神的な傷やトラウマや、

インナーチャイルドなどを、

ヒーリングすることも可能になります。

 

自分の望みが何かを知り、

自分の幸せな人生を生きて行くことができるようになります。

 

このオンラインコースでは7つの意識について、

一歩一歩学ぶことができ、

4ヶ月間で、自分の意識について

知ることができるようになります。

 

そして、このオンラインコースでは、

意識の設計図を書き換えることによって、

自分の思い通りの人生を歩んで行くことが

できるようになるものです。

 

 

カリキュラム